子育てに一番大切なもの

ママの「笑顔」さえあれば、叱っても大丈夫

私の場合は、仕事でたくさんの子どもたちと関わってきました。大人しい子もいれば、しょっちゅう叱られるようなヤンチャな子もいます。関わる時期も様々で、数時間から数年に渡る時も。

初対面の親御さんからは「もう懐いたんですか!早いですね~」とよく言われます。その時にはもう、子どもたちは私の膝の上にいるか、遊びの仲間に入れてもらった状態です。一方で学童指導員として、何年も関わっていた子たちからの評価は2つに分かれます。「しまちゃん好き」か「しまちゃんは、怒るとこわいけど好き」です。これには、怒る(叱る)時のコツも影響していますが、もっと大切なことがあります。

それは、いつも「笑顔」でいること。

いつも笑顔でいれば、初対面の子でも仲良くなれます。

たとえ叱ることが多くなってしまっても、子どもたちはちゃんと分かってくれます。

だって人間、笑っている人の方が好きじゃないですか(^^)いつもコツコツ笑顔貯金を貯めていれば、叱っても子どもは理解してくれます。時にイライラをぶつけてしまったとしても、ちゃんと謝れば大丈夫。なぜなら笑顔でいる時に、子どもに愛情を注いで信頼関係を築いているからです。しっかり基礎を気づいた家は、多少の地震でも崩れないのと同じように。

でも、ママがいつも笑顔でいるためには、ママ自身の心の余裕が必要です。だから無理せずに、子どもの生命にかかわること以外ぜ~んぶ手を抜きましょう(^^)

大切なのは「愛情の注ぎ方」です。

愛情の注ぎ方① いつも笑顔でいること♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です